プロフィール

シーモンキー大阪

Author:シーモンキー大阪
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ムービー★ログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口裂け女(06)
口裂け女
公開コピー:
あなたは、真実を何も知らない…
stars3


10年以上前に流行った都市伝説のうちの一つ「口裂け女」。昔の古い映像でなら沢山あるが、最近のリメイク物でこんなビッグタイトルがあったとは…、上映が3月ってなってるけど全然知らないな。口裂け女といえば、日本が生み出したホラーの中でもかなり有名な方で、知らない人はまずいないだろう。整形手術によって大きく口が裂けてしまった女性が、鎌を使った凶行を繰り返すというもの。今作では凶器は「鎌」でなく「大きなはさみ」となっている。主演は「キューティーハニー」の佐藤江梨子、ホラー映画お決まりの相方役には加藤晴彦だ。
基本を押さえた作りでテンポが良く普通に面白い。ただ基本通りなので先が読める感じが少々残念(--;)

kuchisake1.jpg---新しく赴任してきた小学校の教師をしている山下京子(佐藤江梨子・右)は、町中で頻繁に「口裂け女」のウワサを耳にするが、単なる子供の噂だと信じていなかった。しかし、辺りが暗く静まり返った夕暮れ時に「口が大きく裂けた女」が目の前に現れ、自分の教え子をさらってしまう。子供を助けようと足取りを追おうとする山下は現在の場所が、口裂け女伝説発祥の地であることを知る…。

kuchisake2.jpgあたりはうす暗く寂れ気味の町、セピア色に褪せた映像はいつ「口裂け女」が現れても不自然ではない。この映画初っ端から直球ぶりが凄まじく、「もう登場するんか!」っていうぐらいの堂々たる登場シーン。おまけに速攻マスクまで外れて、すぱ~っと開いた口が…。。ひやああコワイ!しかも、基本的なターゲットは子供だが全く容赦なし。はさみでバチン!バチンッ!…フィクションながら子供に手をかけるのはチョット('□`)

「口裂け女」出生の秘密にも徐々に明かされていき、半不死身である彼女を倒そうと住処の「赤い屋根の廃墟」に突入する後半は、夜中に廃墟めぐりしていた自分にはリアル過ぎて興味深々!(・∀・)なんで夜に特攻するんだ?なんでそんな所に包丁落ちてるんだよ?てか拾うなよ、怖いじゃないか!(><)
来るぞ来るぞと思わせるホラーの常套手段に、引っかかりまくりで楽しく最後まで見れました。ストーリーや展開がかなり既出感があるんだけども、この流れが周りにウケるんだから仕方ない。用は題材が「口裂け女」であればいい。

長い月日がたちその名が現在でも知られているのは、怖いもの見たさの好奇心が噂となって人に伝わるからだ。「リング」や「着信アリ」にも使われている「伝染系ホラー」は、ウワサ好きな日本人を陥れるのに都合が良いんだろうね。全然その時は怖くないと思っても、ふいに思い出して背筋が寒くなる。それは妙なものを見てしまう、あり得ると心の何処かで思っている証拠だろう(^^;)

kuchisake_s.jpg


 監督:白石晃士
 代表作:ノロイ(05)
脚本:横田直幸 白石晃士

出演:佐藤江梨子(山下京子)
加藤晴彦(松崎昇)
水野美紀(松崎タエコ)
川合千春(佐々木真弓)
桑名里瑛(佐々木美佳)
松澤一之(田村秀雄)
坂上香織(田村里織)
滝沢涼子(吉田和子)
柳ユーレイ(久保刑事)
入江紗綾(中島志穂)

上映時間 90分
製作国 日本
ジャンル ホラー
映倫 PG-12

オフィシャルサイト:http://www.kuchisake.com/
スポンサーサイト

テーマ:見た映画の感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moviewave.blog110.fc2.com/tb.php/31-e4afb84d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

水野美紀

水野美紀 ひよりの記録【2007/08/10 10:00】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。